2012年01月13日

1/12のトレード 迷走

昨日の相場は、ECB政策金利と声明発表を中心とした動き。

全体としては売り込まれているeurショートカバーが強くストップを巻き込みながら短期的なレジスタンスを越えてきました。

トレードは迷走中です。

結果を見ても迷いが読み取れます。

ストップを狭くするとやはりやられます。

そう思いエントリーを引きつけるとエントリーチャンスを何度も失います。

エントリーできても反転の動きの時にストップを狩られる。

大きく負けないかわりに利益が積めないことに。

うまいことできてまんな〜。

とにかく負けを小さくすることが当面の課題なのでしばらくこの形で続けてみる。

EUR/USD S 1.282  イグジット   1.2826 -6  -46,068
EUR/USD S 1.2835  イグジット  1.2826   9  69,093
AUD/JPY L 79.14  イグジット 79.18   4  40,000
EUR/USD L 1.2825  イグジット  1.2819  -6  -46,044
EUR/USD S 1.2798  イグジット  1.283   -32  -245,536
AUD/JPY L 79.47  イグジット  79.48   1  10,000
EUR/USD L 1.2724  イグジット  1.2751   27  207,522
EUR/USD S 1.2753  イグジット  1.2757   -4  -30,748
EUR/USD S 1.2773  イグジット 1.2757   16  122,976
EUR/USD S 1.2748  イグジット  1.2758   -10  -76,910


◇自分の中で確率が高いパターン

その1 5分足の長ヒゲで短期的な反転狙い(信頼度80%)

その2 急流滑り型のチャート形状でストップハント失敗2度目以降のエントリー(信頼度70%)

その3 重要指標発表後の急伸急落の短期筋カバートレード狙い(50%)

その4 1分足5分足でのロウソク同色パターンでの同位置滞在時間での方向示唆(信頼度70%)

※総合的には背景やアクションのスピード、ワンアクションでの変動幅を加味して判断


ラベル:FX 上田ハーロー
posted by osamu at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。