2012年03月16日

大いなる失敗。。。

久々の更新です。

つい最近始めた少額資金の口座が、数度の損切りで虫の息に。。。

しっかり記録をつけるようになってから2度目の失敗であります。

検証してみると全く同じパターンだということがわかりました。

これは深層心理の病とも思えるもの。

◆その1

負けたくない病

症状:1勝負1勝負、全勝負に勝とうとする心の病

特にこれはいけると思ったトレードが逆に行くと『もどるはず』っと、根拠のないナンピンをしてみたり大きめのストップ幅を設定したくなる。

◆その2

ようさん勝ちたい病

症状:一度のトレードでたくさん稼ぎ続けられるような錯覚を起こす心の病

たまたま大ロットで稼いでしまったために発病。

中毒作用があるため小ロットでは満足できなくなる。

◆相場がおいしく見える病

症状:ルールに乗っ取ってトレードすると決めているのに、チャートを見ているとおいしそうに見え、つい余計なトレードをしてしまう。

これまた、たまたまうまくいく事があり理性と神経を麻痺させてしまう。


これらを治療しない限り勝利はないんでしょうね。。。

どこかのブログで、FXは予測のゲームではなく、達成のゲームだと書いてありましたが、心の底から納得しました。

エッジのきいた50%以上と思われる勝率のル−ルをひたすら続ける。

連敗やドローダウンに心揺らされることなく、ひたすらに。

何度も師匠に教わっているのにな〜。

やり直しだな。

でも失敗して良かった、そうじゃないと頭で理解していても心や身体では理解できなかっただろな。
ラベル:FX 為替
posted by osamu at 16:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

久しぶりの更新

久しぶりの更新。

カウンタートレードと銘打って始めたルールは脆くも1ヵ月で破綻。

エッジに使っていたロンドンフィキシング前後のポジション整理狙いが機能しなくなりました。

恐らく時期によっては機能するのでしょうが、見極めが難しいため断念。

これからは、実践の中で見出した新ルールで再出発をします。

ルールといってもごく簡単なシンプルサイン。

過去数ヶ月遡り目視で検証したところ、高確率で機能していました。

ほとんどの場合エントリー後、思った方向へ動くのですが、成績はイグジット次第。

今のところエントリーはサインに従う、イグジットは裁量にて。

最終的にはEAにできるようひとつひとつ実践検証しながら定義していくことを目標とします。

ラベル:FX エッジ
posted by osamu at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

誓い

トレードに臨む前に再確認

1.考えろ!そのトレードにエッジはきいているか?

2.感覚を研ぎ澄ませろ!違和感は感じていないか?

3.飛ばされるぞ!ストップはつけたか?

4.安全度合いに比例が基本だ!ロットは適切か?

5.ある程度利益が乗ったらトレーリングで負けを消せ!

6.欲張るな!しっかり利益確定が勝利への道!

7.イグジットはチャートベースで機械的に!イグジット命!

8.全神経を集中しろ!ながらトレードになっていないか?

9.会心の損切りは会心のトレードに匹敵する!  

10.ポジショニングが完了したらイグジットストーリーを組み立てろ!

11.初動を狙うな!見極めろ!(頭と尻尾は捨てていけ!)


手法の整理

◇すきま狙いのコツコツ手法だよな  

◇大きなトレンドを狙う手法ではないよな

◇ボラが極端に大きく暴れそうな時は小ロットもしくは参入しないよな

◇順が基本  その日の流れに順張りが理想だよな

◇重要サイン

・趨勢を見極めながら狙いの形状になっった後、ロウソクの長ヒゲ出現はエントリーサイン
・なだらかに崩れるトレンドに順張りで

【誓い】

もう二度と失敗はしない。

これしかないんだから命を張る。
ラベル:EUR 為替 FX
posted by osamu at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

1/12のトレード 迷走

昨日の相場は、ECB政策金利と声明発表を中心とした動き。

全体としては売り込まれているeurショートカバーが強くストップを巻き込みながら短期的なレジスタンスを越えてきました。

トレードは迷走中です。

結果を見ても迷いが読み取れます。

ストップを狭くするとやはりやられます。

そう思いエントリーを引きつけるとエントリーチャンスを何度も失います。

エントリーできても反転の動きの時にストップを狩られる。

大きく負けないかわりに利益が積めないことに。

うまいことできてまんな〜。

とにかく負けを小さくすることが当面の課題なのでしばらくこの形で続けてみる。

EUR/USD S 1.282  イグジット   1.2826 -6  -46,068
EUR/USD S 1.2835  イグジット  1.2826   9  69,093
AUD/JPY L 79.14  イグジット 79.18   4  40,000
EUR/USD L 1.2825  イグジット  1.2819  -6  -46,044
EUR/USD S 1.2798  イグジット  1.283   -32  -245,536
AUD/JPY L 79.47  イグジット  79.48   1  10,000
EUR/USD L 1.2724  イグジット  1.2751   27  207,522
EUR/USD S 1.2753  イグジット  1.2757   -4  -30,748
EUR/USD S 1.2773  イグジット 1.2757   16  122,976
EUR/USD S 1.2748  イグジット  1.2758   -10  -76,910


◇自分の中で確率が高いパターン

その1 5分足の長ヒゲで短期的な反転狙い(信頼度80%)

その2 急流滑り型のチャート形状でストップハント失敗2度目以降のエントリー(信頼度70%)

その3 重要指標発表後の急伸急落の短期筋カバートレード狙い(50%)

その4 1分足5分足でのロウソク同色パターンでの同位置滞在時間での方向示唆(信頼度70%)

※総合的には背景やアクションのスピード、ワンアクションでの変動幅を加味して判断


ラベル:FX 上田ハーロー
posted by osamu at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

1/11のトレード バイアス

昨日の相場はポンドが中心に売り込まれ、連れてユーロも売られる流れ。

ここのところ自分がエッジとしている背景が全く機能していない。

ふと考えてみた。

私のように手法ではなく背景をエッジにしている場合、相場の見方に極端なバイアスがかかり、ありのままの姿がみえなくなっているのではないか?

もちろん良い点、悪い点はあると思うのだが、機能していないフィールドにおいてもなんとか利益を出そうとしてしまうのが、習性であり愚かなところ。

そもそも目指すのは『上善は水の如し』。

水のようにしなやかに形を変えながらあらゆるものに逆らわず、適時適所に対応する。

こういうトレーダーになりたい。

考えることはたくさんある。

◇昨日のトレード

EUR/USD S 1.2697  イグジット  1.2704  -7  -53,816
EUR/USD S 1.2703  イグジット      1.2704  -1  -7,688
EUR/USD S 1.2687  イグジット    1.2698  -11  -84,601
EUR/USD L 1.2692  イグジット    1.27  +8  61,576
EUR/USD S 1.2722  イグジット  1.2696  +26  200,174
 



ラベル:トレード FX
posted by osamu at 12:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。